DeskMini SSD

Samsung SSD 980 Pro 2TB PCIe 4.0 のベンチマークをとったら、ランダムアクセスが本当に速かった話(第11世代Corei9 ASRock DeskMini H470 パソコン)

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、Samsung SSD 980 Pro のベンチマークの話です。

 

はじめに

前回、Windows10を新規にインストールした話を書きました。

起動ドライブとして使っている「Samsung SSD 980 Pro 2TB PCIe 4.0」がWindows10だけの軽い状態になったので、CrystalDiskMark8.02でベンチマークをとりました。

何度も書いていますが、パソコンの構成は、こちらです。

構成 製品
ベアボーン ASRock Intel H470搭載 ベアボーン DeskMini H470
CPU Intel CPU Corei9 11900 LGA1200 65W
メモリ Crucial SODIMM DDR4 3200 32GB × 2(64GB)
PCIe4 SSD Samsung SSD 980 PRO 2TB PCIe 4 MZ-V8P2T0B
PCIe3 SSD XPG GAMMIX S50 Lite 2TB PCIe 4 SSD
2.5 SSD Samsung 870 QVO 2TB SATA 2.5インチ SSD
2.5 SSD Samsung 870 QVO 2TB SATA 2.5インチ SSD
WiFi INTEL Wi-Fi 6(Gig +) デスクトップキット AX200 NGWG DTK 
CPU FAN Noctua NH-L9i chromax black
グリス Thermal Grizzly Kryonaut Extreme 2g
パッド シリコンサーマルパッド 85x45X2mm 2mm
シンク Archgon ヒートシンク HS-1110-K (ブラック)
防振パッド TRUSCO 防振パット 10X150X150 OHS10150
OS Windows10 Pro

第10世代 INTEL NUC10I7FNH パソコン」に「Samsung SSD 980 Pro」を取り付けていた時は、PCIe 3.0だったので、早いですが、真のスピードは出ていませんでした

そこで、今回、第11世代Corei9搭載のパソコンにしたことで、「Samsung SSD 980 Pro」をPCIe 4.0に取り付けた時の真のスピードが確認できるだろうと思って、ベンチマークをとりました。

 

 

テスト環境について

Samsung SSD 980 Pro 2TB PCIe 4.0」は、「ASRock DeskMini H470」の PCIe 4.0 スロットにさしてあります。

2TBの容量なので、Cドライブを200GB、Eドライブ1800GBに分けてあります。

なので、CにはWindows10が新規にインストールされています。

SSDはパーティション分けをしてもあまり意味はありませんが、気持ちの問題で、CドライブとEドライブに分けて、それぞれ2回テストを行いました。

設定は、「NVMe SSD」 で 「1GiB」の数値です。

ASRock DeskMini H470」でパソコンを組み立てる方の参考になればと思います。

ということで、早速いきましょう。

 

 

ベンチマークをとる

Cドライブ

1回目

2回目

ランダムの読込も書込も両方とも速いです。

Eドライブ

1回目

2回目

ランダムアクセスが4000MB/s超えです。壁を超えたという感じです。

めちゃくちゃ早いです。PCIe 3.0 の数字は下のリンクをご覧ください。

ちなみに、「ASRock DeskMini H470」の PCIe 3.0 のスロットにさしてある「XPG GAMMIX S50 Lite 2TB PCIe 4.0 SSD」のスピードはこちらです。

 

 

まとめ

ASRock DeskMini H470」でパソコンを組む理由として、第11世代Coreを搭載すれば、PCIe 4.0 SSD が真の力を発揮できるから、その速さを体験したいと思っていました。

実際に組み立てをして、第11世代Corei9ベンチマークもとりました。

結果は、「第10世代 INTEL NUC10I7FNH パソコン」に比べて、マルチコアで約2倍のスピードアップ、シングルコアで約1.5倍のスピードアップでした。

そして、体感としては、雲の上のスピード感と書きました。

また、同じ速いでも、特急の速さと新幹線の速さくらいの差があると思います。

別の線路を走っている感じの速さを体感しているのです。

iPhoneの写真1000枚ほどを、10秒を切る速さでサムネイル表示させるなど別次元なのですが、考えてみると、CPUだけでなく、「Samsung SSD 980 Pro」がものすごく真価を発揮してくれていたからかもしれません。

そう思わざるを得ないほどの素晴らしいベンチマークの結果でした。

私がこのマシンを使い始めて、まだ1カ月も経過していません。

これからも、ずっとこのスピードで、常に走り続けてくれるのかと思うと、素晴らしいとしか言葉がありません。

常に新幹線で移動している、別次元の速さの中にいる感じなのです。

これからも「Noctua NF-A12x25 PWM」を使った「ASRock DeskMini H470 パソコン」の熱対策をしっかり行っていって、「Samsung SSD 980 Pro」や「XPG GAMMIX S50 Lite 」をいたわって、大切に使っていきたいなと改めて思いました。

これから「ASRock DeskMini H470」でパソコンを組み立てようと思われる方は、PCIe 4.0の速さをしっかりと出してくれるベアボーンなので、搭載されるCPUは、第11世代Coreを搭載するようにしましょうね。

ということで、「Samsung SSD 980 Pro 2TB PCIe 4.0 のベンチマークをとったら、ランダムアクセスが本当に速かった話(第11世代Corei9 ASRock DeskMini H470 パソコン)」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m

↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

 

 




























-DeskMini, SSD

© 2021 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5