カップ麺

日清 どん兵衛 鬼かき揚げ 天ぷらうどん は、マジでうまかった!!

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は「日清 どん兵衛 鬼かき揚げ 天ぷらうどん」の話です。

 

はじめに

なかなか購入できなかった「日清 どん兵衛 鬼かき揚げ 天ぷらうどん」ですが、やっと購入することができたので、書きたいと思います。

私の場合、1個か2個は常にカップラーメンを在庫しています。
健康のことを考えて、 そんなに食べるわけではないのですが、時々急に食べたくなりますよね。

食べたとしても、週に1回を目安に食べるようにしています。時々週に2回食べることもありますが、基本は週1回もしくは食べないかのどちらかです。

そんな中、スーパーで久しぶりに「鬼かき揚げ 天ぷらうどん」を見つけたのです。

 

鬼かき揚げ 天ぷらうどん を作る

早速、作っていきましょう

日清の どん兵衛 シリーズ ですよね。 おそらく、私だけでなく皆さんも見かけることは少ないと思います。時々しか店頭に並んでいないですよね。
貴重などん兵衛ですよね。

表面からしてすごく美味しそうに見えます。

写真がぼけてしまいましたが、作り方はいつもの通りです。かき揚げは最後に載せることになっています。

フタを半分ほどあけました

粉末スープとかき揚げが出てきました

ラッピングされているかき揚げです

しけないようになっています。厚みもあります。

麺はいつものどん兵衛 ですね。量も変わらないと思います。

粉末スープを麺の上に広げました

沸かしたお湯を入れます

私の場合は、いつも少しだけお湯を多めに入れています。

味を薄めにしたいなと思うからです。あくまで気持ち程度で、変わらないと思いますが…。

5分待ちましょう

 

かき揚げをのせる

かき揚げを取り出しました

かき揚げをのせました。

雰囲気がいいですね。

一味がついてなかったので、一味をかけました。

写真を撮ったり一味をかけたりしている間に、かき揚げに汁が吸い込まれていって、膨らんできました。

この時、しまったなと思ったことがあります。

それは、かき揚げを入れる前に、麺をよくかき混ぜて、粉末スープをしっかり溶け込ませた方が良かったなと思ったのです。

粉末スープをしっかり溶け込ませる前に、かき揚げを入れてしまったので、かき揚げの形が崩れてしまうなと思ったのです。

商品によって違いがあって、最初からかき揚げを入れた状態でお湯を入れる場合もありますし、お湯を入れた後に最後にかき揚げを入れる場合もあります。

最初からかき揚げを入れた状態でお湯を入れた場合にはそんなに気にならないのですが、後で入れる場合は、粉末スープと麺を混ぜ合わせる前にかき揚げを入れてしまって、かき揚げの形が崩れてしまうということが何度も経験しています。

そしてかき混ぜる時に、しまったなと後悔するのです。

また同じことをしてしまったなと。形が崩れてしまったなと。

今回もまさにそのパターンでした。

今回ブログに残すことで、次回はしっかりと麺とスープを混ぜた後に、 かき揚げを入れて美味しく作れたらなと思いました。

 

完成だ

なんとかかき揚げの形をそれほど崩さずに混ぜることができました。
完成です。

おいしそうですね。

かき揚げを、もう少しスープになじませたいという思いもあって、一度沈めてみました。

十分にかき揚げにもスープの味が染み込んだことを確かめて食べ始めました。

最初は麺から食べ始めて、いつものどん兵衛の麺だ、美味しいと思いました。

普段のどん兵衛 のうどんというのは、きつねうどんですよね。

だけど今回は、天ぷらうどんです。しかも鬼天ぷらうどんとなっています。

天ぷらがのっている場合は、どうしても脂っこくなってくるのですが、この天ぷらはそれほど油が表面に広がらず、うどんの味を損なったり麺に絡みすぎたりしません。

そしてかき揚げと一緒に食べると、かき揚げの中から玉ねぎの味がジュワーっと広がってくるのです。

玉ねぎの味がジュワーっと広がってくるのが、すごく美味しく感じるのです。

これっていいなという感じです。

意外と天ぷらの形も残って少しずつ麺と一緒に食べていくと美味しさが持続します。

うどんとかき揚げを一緒に食べて、かき揚げの味を堪能し、そしてスープを口の中に含む。

あったかいスープの味が口の中に広がると、うまいなあと思わず声を発してしまうのです。

天ぷらうどんというと、エビが定番になっていくのですが、エビだと油が表面に多く広がり油っこくなっている気がします。

脂っこくなったとしても、「そば」であればそれほど気にならないのが、「うどん」だとちょっとしつこくなって、食後に胃にちょっとくるかなという感じです。

しかし、今回の鬼かき揚げについては、 エビは最小限にして 玉ねぎを前面に出すことで玉ねぎの甘さを口の中にいっぱいに広げさせようとしている感じがします。

玉ねぎを前面に出しているからなのか、脂っこさもそれほど感じないのです。不思議です。

そして、玉ねぎの甘さが口の中に持続するので、うまいとうなってしまいます。「鬼うまい」という表現を書いている意味に納得するのです。

実際、ラベルどおりのうまさです。

かき揚げがなくなるのが惜しいくらい、最後まで、かき揚げのおいしさを味わえる商品でした。

 

まとめ

今回は、久しぶりに見つけた 「日清 どん兵衛 鬼かき揚げ 天ぷらうどん」を食べてみました。

私自身が、数週間ぶりのカップ麺だったということもあり、すごく美味しく感じました。

いや~カップ麺はこれだからやめられないなという気持ちになりました。

冒頭でも書きましたが、意外と店頭にはあまり並んでいないと思います。

何度も食べたいかというとそこまでではありませんが、時々食べたくなる天ぷらうどんですね。

もし、スーパーの店頭で見つけられたら、ぜひとも手に取って食べていただけたら私の書いた思いがなんとなく伝わるかなと思います。

すごく美味しかった逸品です。おすすめです。

ということで、今回は 「日清 どん兵衛 鬼かき揚げ 天ぷらうどん は、マジでうまかった!!」という話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m
↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログへ

-カップ麺

© 2021 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5