パソコンその他

PowerDVD がアクティベーションできなくなったので、サポートに連絡した話

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、PowerDVD のアクティベーションの話です。

 

はじめに

「第11世代Core i9 ASRock DeskMini H470 パソコン」でWindows10を再インストールしたので、少しずつ環境をもとに戻しています。

そんな中、今回、PowerDVD がアクティベーションできなくなったので、サポートに問い合わせることになりました。

こんなこともあるのかと思い、記事にすることにしました。

気軽に読んでもらえればと思います。

 

 

 

動画再生ソフト

動画再生ソフトは、フリーのものから有料のものまであります。

私も、これまでいくつかの種類を使ってきました。

フリーのソフトであれば「VLC media player」などが有名だと思いますが、私の場合は、「Media Player Classic」をメインで使っています。

昔のWindowsについていたMedia Playerの名残があるからですが、時間を示すバーが画面の横幅と同じで、その時間バーの表示が即消えるからです。

正直、バーの消える速さだけで使っている感じです。

ただ、ブルーレイを再生する時などは、有料ソフトを使っています。

それが、今回のPowerDVDです。

現在、私は、「PowerDVD19 Ultra」を使っています。

直前の「PowerDVD18 Ultra」も使っていたのですが、32bitでした。

「PowerDVD19 Ultra」から64bit版になったので、変更しました。

また、ISOファィルも直接再生できるので、重宝します。

現在は、「PowerDVD21 Ultra」が最新バージョンなのですが、画質的にそれほどグレードアップしたようには感じないので、現在は、「PowerDVD19 Ultra」をそのまま使用しています。

それでは、話をすすめましょう。

 

 

PowerDVDを新規インストールする

「第11世代Core i9 ASRock DeskMini H470 パソコン」にWindows10を再インストールしたので、「PowerDVD19 Ultra」をインストールして、アクティベーションを行いました。

アクティベーションの画面です。

番号を入力しました。アクティブ化のボタンが青くなりました。

ボタンを押すと…。「アクティブ化制限回数を超えました」とのことでした。

え!と思いました。

OKのボタンを押すと、次のような画面になりました。

正規品で間違いがないので、カスタマーサービスフォームに問い合わせをすることにしました。

 

 

カスタマーサービスフォームに登録する

先ほどの画面の「カスタマーサービスフォーム」のところをクリックすると、フォーム画面に飛びました。

こんな感じです。PowerDVDを押しました。

バージョンを選択する画面になったので、「PowerDVD19 Ultra」の19を選択して、「他のお問い合わせ」を押しました。

すると、連絡情報などを記入する画面に変わりました。

そして、質問内容のところのプールダウンメニューに、アクティベーションの質問を受け付ける項目がありました。

ここで、内容を記入するようにしました。

記入した内容は、こちらです。

アクティベーション回数の制限に達したので、解除の依頼をしました。

 

 

PhotoDirector 8 Ultra も確認する

「PowerDVD19 Ultra」を購入した時に、特典として「PhotoDirector 8 Ultra」もダウンロードできるようになっていました。

いつも両方インストールして使っていたので、もしかして「PhotoDirector 8 Ultra」も制限がかかっているかもと思いました。

そこで、早速インストールして、アクティブ化を試みました。

番号をいれました。

やはりだめでした。

「PowerDVD19 Ultra」と同様でカスタマーサポートまで問い合わせする必要があるようです。

「PowerDVD19 Ultra」と一緒で、問い合わせをしました。

問い合わせの内容は、『「PowerDVD19 Ultra」がアクティベーション回数の制限に達したので、特典のこちらの製品もインストールしてみたら、「PowerDVD19 Ultra」と同様で使えませんでした。こちらも解除をお願いします。』という内容です。

 

 

カスタマーサポートからの連絡

今回、カスタマーサポートへの連絡を行ったのが、6月3日(木)でした。

その後、ずっと連絡がなく、遅いな~と思っていたところ、6月9日(水)に連絡がありました。

約1週間です。ちょっと遅すぎる感じもしますが、解除した旨の連絡でした。

「PowerDVD19 Ultra」の問い合わせの返事は、こんな感じです。

不正流失防止を目的として、ロックがかかる仕組みになっているとのことでした。

また、「PhotoDirector 8 Ultra」についても同じような内容で返事がありました。

 

 

アクティベーションを再度行ってみる

アクティベーションを再度行ってみました。

「PowerDVD19 Ultra」ですが、うまくいきました。

「PhotoDirector 8 Ultra」についも、プロダクトキーを入力しました。

そして、OKでした。

起動した画面

これで、ホッとしました。

 

 

まとめ

最初、「PowerDVD19 Ultra」のアクティベーションがうまくいかないときは、びっくりしました。

マジかよと思いました。

なぜなら、PowerDVDをずっと使ってきていますが、これまでこんなことはありませんでした。

思い出してみると、以前は、PowerDVD6を使っていて、その後、ずっとバージョンアップをしていませんでした。

そして、「PowerDVD18 Ultra」、「PowerDVD19 Ultra」と購入したのです。

「PowerDVD18 Ultra」を購入したときは、まさか32bit版しかリリースされていないと思わなかったです。

なので、64bit版の「PowerDVD19 Ultra」が発売されたので、購入しました。

第8世代Corei5のNUC、第10世代Corei7のNUC、そして、今回のASRock DeskMini H470 パソコンとインストールをしてきているので、おそらく10回程度はアクティベーションをしていると思います。

今のところ、特に不満があるわけでもないので、もうしばらくそのまま「PowerDVD19 Ultra」を使う予定です。

最近は、サブスクリプション版が多くなってきているのですが、わずかな金額でもずっと毎月支払うのはちょっと抵抗があります。

なので、ちょっと高くてもソフト1本を購入して、できる限り長く使う予定です。

ということで、「PowerDVD がアクティベーションできなくなったので、サポートに連絡した話」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m

↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

 

 

-パソコンその他

© 2021 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5