Intel NUC

インテル NUC 11 Pro キット NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)で5万円程度のパソコンを組み立てる!!

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、第11世代Core-i3 の INTEL NUC ベアボーン NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)で5万円程度のパソコンを組み立てる場合の話です。

はじめに

先週末、アキバやアマゾンで「インテル NUC 11 Pro キット NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)」が発売開始になりました。

インテル NUC 11 Pro キット NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)

これまで、2回にわたって、仕様やSSDの取り付けについて記事を書きました。

そこで、今回は、最新の「インテル NUC 11 Pro キット NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)」を使って、5万円程度のパソコンを組み立てるのであれば、どんなパーツを選択するのがよいか考えてみました。

小型のNUCを今から組み立てるのであれば、できる限り新しいベアボーンで組み立てたいですよね。

特に、今回の第11世代のCore-i搭載NUCは、LANが2.5G対応、Wi-Fi 6 対応、サンダーボルト3と4にも対応。しかも、PCIe4.0 にも対応、古い2242のSATAのSSDがあれば使いまわしもできる。文句なしの買いモデルです。

旧モデルが安く販売されているからといっても、今回のNUCは、めちゃくちゃ充実したバージョンアップなので、旧モデルを購入するのはもったいないです。

新規にNUCを購入するのであれば、絶対に第11世代のCore-i搭載NUCにするべきでしょう。

 

NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)のおすすめパーツ

NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)のおすすめパーツをみていきましょう。

ズバリ書きましょう。

価格は、 Amazon の 2021年2月23日 現在の価格(1000未満切り上げ・税込)です

基本 製品 価格
ベアボーン Intel NUC 11 Pro Kit BNUC11TNHi30000 38,000
メモリ Kingston DDR4 3200 4GB KVR32S22S6/4 ×2枚 6,000
SSD CFD SSD 500GB CSSD-M2M5GEG1VNE 7,000
ヒートシンク 長尾製作所 M.2 SSD用 ヒートシンクカバー 1,500
ケーブル BUFFALO 電源ケーブル 3ピンソケット 20cm 500
※ Amazon の 2021年2月23日 現在の価格 による 合計 53,000

53,000円です。メモリが8GB、SSDは500GBです。
会社で使うパソコンであれば、この程度で十分でしょう。
仕事で使うデータは、サーバーやNASにあると思いますので、SSDの容量も最低限でOKでしょう。

個人の方で、自宅でオフィス系の仕事やネットをみる程度ならば、このスペックで十分でしょう。

ただし、ここには Windows 10 Home や office ソフトは含まれていません。
もし、必要であれば、以下のソフトを追加してください。

追加 製品 価格
OS Windows 10 Home 日本語 パッケージ版 18,000
Office Microsoft Office Home & Business 2019 35,000

 

快適な作業を行うのであれば、
メモリ8GB → 16GB 、SSD そのまま 4000円up

基本 製品 価格
ベアボーン Intel NUC 11 Pro Kit BNUC11TNHi30000 38,000
メモリ Kingston DDR4 3200 8GB KVR32S22S8/8 ×2枚 10,000
SSD CFD SSD 500GB CSSD-M2M5GEG1VNE 7,000
ヒートシンク 長尾製作所 M.2 SSD用 ヒートシンクカバー 1,500
ケーブル BUFFALO 電源ケーブル 3ピンソケット 20cm 500
OS Windows 10 Home なし 57,000
Windows 10 Home あり 75,000

SSDの容量を増やしたい場合 、
SSD 500GB → 1TB 7000円up

基本 製品 価格
ベアボーン Intel NUC 11 Pro Kit BNUC11TNHi30000 38,000
メモリ Kingston DDR4 3200 4GB KVR32S22S6/4 ×2枚 6,000
SSD CFD SSD 1TB CSSD-M2M1TEG1VNE 14000
ヒートシンク 長尾製作所 M.2 SSD用 ヒートシンクカバー 1,500
ケーブル BUFFALO 電源ケーブル 3ピンソケット 20cm 500
OS Windows 10 Home なし 60,000
Windows 10 Home あり 78,000

両方とも充実させる場合、
メモリ8GB → 16GB、SSD 500GB → 1TB 11000円up

基本 製品 価格
ベアボーン Intel NUC 11 Pro Kit BNUC11TNHi30000 38,000
メモリ Kingston DDR4 3200 8GB KVR32S22S8/8 ×2枚 10,000
SSD CFD SSD 1TB CSSD-M2M1TEG1VNE 14000
ヒートシンク 長尾製作所 M.2 SSD用 ヒートシンクカバー 1,500
ケーブル BUFFALO 電源ケーブル 3ピンソケット 20cm 500
OS Windows 10 Home なし 64,000
Windows 10 Home あり 82,000

 

まとめ

今回の第11世代のCore-i搭載NUCは、3つの製品が発売されます。

NUC11TNHi3」「NUC11TNHi5」「NUC11TNHi7」の3種類です。

それぞれ最後の番号によって、Core-i3、Core-i5、Core-i7と分かれています。

当然、Core-i3を搭載した「NUC11TNHi3」が一番安価なモデルなので、他のパーツ構成は価格重視で選定されるでしょう。

今回、私が選定したメモリは、「INTEL NUC NUC11TNHi3 動作確認 パーツ一覧」でもしっかり動作確認がとれている3200のメモリです。しかも安価。

また、SSDは、「CFD SSD 500GB CSSD-M2M5GEG1VNE」のPCIe3.0モデル(読取最大 2,000MB/s 、書込最大 1,000MB/s)で、それほど早くはありませんが、SATAのSSDやHDDを使うよりは当然早いです。

そこを踏まえて、より早いSSDを検討されるのもよいかなと思います。

他のおすすめパーツも下にリンクをはっておきますので、気になる方は、検討してみてください。

ということで、今回は「インテル NUC 11 Pro キット NUC11TNHi3(BNUC11TNHi30000)で5万円程度のパソコンを組み立てる!!」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

Intel NUC のワンランク上のベアボーンもあります。こちら↓↓です。

実際に組み立てをしてみました!!  こちらをご覧ください↓↓

一緒に比較されるとよいでしょう。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m
↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ




-Intel NUC

© 2021 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5