アクセサリー

シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS(胸まであるチェストハイ型) を購入した話

2024年5月4日

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、「シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー」の話です。

ダイワのPW-3206Rを交換する!

ダイワのパワーウェーダー を2022年5月1日に購入しました。

購入から2年が経過し、フェルトの部分がすり減って、かかとがほぼなくなりました。

そこで、買い換えることにしました。

検討したのが、同じダイワの製品です。

購入にあたって、これまで使っていた腰までの「ウエストハイ型」よりも胸まである「チェストハイ型」を購入したいと思いました。

なぜか?

浅い水辺で数回ほど滑って転んだことがあるのですが、腰の部分が少し水につかって、背中側から水が入ってくることがあったのです。

記憶では、3回程度あったと思います。

少しなので、下着であるパンツのおしり部分まで冷たくなりました。

水が入らないようにベルトをきつく締め付けていても、腰の部分までしかないと、わずかな量ですが、水が入ってきます。

これらの経験から、次に購入するときは、胸まである「チェストハイ型」を購入しようと思いました。

そこで、「ダイワ DAIWA パワーウェーダー PW-4207R」の購入を検討していたのですが、価格的にかなりアップしていました。

そこで、シマノで同じ製品を探しました。

こちらです。

前回購入時とほぼ変わらない価格で購入できるので、「シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS」を購入することにしました。

 

 

シマノ ハイパーウェーダー FF-052TSを確認する

いつものように購入したのは、Amazonです。

はがしましたが、箱に送り状が直接貼られていました。

まぁ、仕方がありません。アマゾンなので。

横を確認しました。

私は、足のサイズが24.5cmと小さいので「S」を購入しました。

大きさは、こちらを確認してみてください。

開封しました。

 

 

説明書を外します。

丁寧に入っています。

足の部分をとりました。

保証書が出てきました。

伸ばして全体を確認します。

こんな感じです。

シマノのロゴがよいです。

シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS

 

 

シマノ FF-052TS のブーツを確認する

シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS」のブーツ部分を確認します。

まずは、全体です。

フェルトがはがれないように縫われています。

これはよいなと思いました。

横から確認します。

フェルトは厚いです。頼もしいです。

上から確認します。

水はけもよい感じです。

反対側

ブーツの底です。

前回のダイワの記事を確認してもらえばわかりますが、ダイワはフェルトがまっすぐです。ベタ貼りという感じです。

一方、シマノは革靴のように、段差があります。

厚みもシマノの方がわずかですが厚い感じです。

シマノでよかったと思いました。

 

 

靴底に衝撃吸収用のインソールを追加する

渓流釣りの場合、どうしても岩の上を移動するので、足の負担は大きいです。

歩きすぎると足の裏が痛くなることもあります。

そこで、ダイワのウェーダーで2年目の時には、「衝撃吸収用のインソール」を入れました。

このおかげで、長時間の連続釣行でも足の裏の負担は少なくなりました。

こちらです。

ダイソーの製品です。

サイズに幅があるので、大きさをチェックして購入するとよいでしょう。

こんな感じです。

 

 

裏側

シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS」の中に純正の「中敷き」が入っていたので、並べてみました。

重ねてみました。

横から確認します。

ダイソーの方は、ダイワの中に入れて1年ほど使用したので、丸くなっています。

衝撃が少なくなればそれでよいので、そのまま使います。

 

 

シマノ FF-052TS 全体の雰囲気!

その後、実戦で使いました。

使い終わってつるしてある状態です。

長靴用 シューズハンガー 長ぐつハンガー

ヨドコウの物置の中につるしてあります。

バッチリです。

開封時にベルト部分の写真を忘れました。

こんな感じです。

横の雰囲気

肩の部分です。

全体の雰囲気は分かってもらえましたか?

 

 

まとめ

今回は、「シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS」を購入したので記事にしました。

購入したのは、胸まである「チェストハイ型」です。

シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS

ダイワ製品であれば、こちらです。

ダイワ DAIWA パワーウェーダー PW-4207R

前回は、腰までの「ウエストハイ型」を購入しました。

シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-051TS

ダイワ DAIWA パワーウェーダー PW-3207R

好みで選択すればよいのですが、個人的には、シマノを購入してよかったと思いました。

色で選ぶのであれば、かっこいいのはダイワです。

ただ、シマノは茶色なので、汚れが目立たないです。

シマノは地味だなぁと思いましたが、土の茶色などが目立たないのでよいです。

また、肝心のブーツのフェルトの部分ですが、厚さもシマノが上で、しっかり縫われているのではがれないかなと思いました。

ダイワは2年目の後半は、フェルトとゴムの境目に隙間ができていました。

ただ、あくまで私の使い方もあるので、最後はご自身の判断でお願いします。

1回だけ履いてみましたが、新品なので全然滑りません。

「ウェーダーは、2年に1回は新品を購入するのが良い」と誰かのブログ記事で読みましたが、ダイワを使って、本当に2年で交換だなと思いました。

あと、胸まである「チェストハイ型」にしましたが、腰までの「ウエストハイ型」に比べて、履きにくいです。

途中でトイレに行きたくなった時も大変です。

脱ぎやすいのは、腰までの「ウエストハイ型」です。

それでも、胸まである「チェストハイ型」であれば、ちょっと転んだ程度で水は全然入ってこないので、安心です。

どちらを優先するか検討しながら、選択するとよいでしょう。

ということで、「シマノ SHIMANO ハイパーウェーダー スモークグレー FF-052TS(胸まであるチェストハイ型) を購入した話」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m

↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

-アクセサリー