日記

娘がマイナーチェンジ後の2021年新型N-BOXを注文した話

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、娘が新型N-BOXを注文した話です。

 

 

娘からの突然の電話

先週末の土曜、12月19日の夕方、娘から突然の電話がかかってきた。

ちょうどその時は、足踏み運動をしていたこともあり、娘の電話に気がつかず、ある程度時間がたってから、電話がかかってきていたことがわかった。

娘からの電話というのは、そんなに多くないので、何かあったのかなと思った。それとも、なにかお金の話かなと思った。

折り返し電話をかけてみると、妻が電話口に出たのである。

なにかあった?と私は聞いた。

すると、今娘と一緒にホンダに車を見に来ているのと言うではありませんか。

「は?」と思った。

今車を買おうと思っているんだけど…。その前にパパに連絡しなくては。とのことだった。

「は?」である。

頼むわ…、である。

 

娘の車事情

私の娘は、大学を卒業して今年の春4月に就職したばかりである。

私のブログを読んでいる方であればご存じだと思うが、老人ホームの管理栄養士をしている。

娘は、地元の大学に通っていて、大学に入った時、ダイハツのココアを買ってあげた。

自宅から大学まで、JRやバスなどを使って通学すればいいのだが、田舎なので本数も少なく不便だったので、1年生の途中から車で通学するようになったのである。

片道30kmの距離で、往復すると1日60km走ることになる。それを4年間続けてきた。

通常の大学であれば、3年生や4年生になると大学に行く機会もめっきり減って、暇になるのであるが、娘の場合には管理栄養士の資格をとるという目標があったので、3年生や4年生になってもほぼ毎日大学に通学していた。

そんなこともあり、娘のダイハツのココアは、大学を卒業する頃にはかなりの距離を走っていた。

社会人になってからは、老人ホームの管理栄養士として通勤しているが、片道10kmほどなので、往復でも1日20kmほどしか走っていない。

ダイハツのココアを約5年乗っているのだが、これまで走った距離からするとココアの寿命もそんなに長くはないということは、娘もわかっていて、そろそろ次の車の購入を考えていたのである。

今年の4月から働き始めたこともあって、コロナ禍で私が自宅に戻っていないこともあり、どんな感じで娘が通勤しているのかは全くわからない。

妻の話によると、娘は新しい車の購入を考えていて、すぐに購入するわけではないが、毎月一定の金額をためているとのことだった。

 

私の車がない

もともと私の自宅では、車が3台あった。私の車と妻の車と娘の車の3台である。

しかし私が単身赴任で大阪に異動になったので、自宅にそのまま車を置いておいても、全く乗らないので、自動車保険をかけているのももったいないと言っていた。

そして昨年、車検が切れるということもあって、いったん廃車にすることにした。10年ほど乗っていたので、廃車にするにはちょうど良い機会だったのである。

そこで現在は、妻が乗っている車と娘が乗っている車の2台しか自宅にないのである。

そういった事情もあって、次回娘が車を購入するのは、私が単身赴任で自宅に戻る時だなと妻や娘と話をしていたところである。

つい先月の11月下旬の話である。

そんな経過もあって、今車を買おうと思って販売店にいるんだけど…、と突然電話があって、私としても、「は?」となったのである。

 

妻からの説明

妻からの説明によると、ちょうどその日は、自宅に戻っていた息子が横浜に帰るということで駅まで送って行った日であった。

息子を送った帰り際に、妻と娘は、娘が購入しようと検討しているN-BOXの実物を見に行こうということでホンダの販売店に立ち寄ったのである。

ホンダの販売店に立ち寄ったのは、実物の確認とカタログをもらって帰る程度の気持ちだったとのことだった。

立ち寄ったのは、駅から自宅に帰る途中にあるホンダの販売店である。

これまで、私は独身時代に日産の車を乗っていたが、結婚後はトヨタとダイハツの車しか乗ったことがなかった。

ホンダは一度も販売店に行ったことがなかった。

今回、妻や娘も初めてのホンダのお店である。

ホンダの店に行ったところ、N-BOXは近々マイナーチェンジするとのことだった。そこでN-BOXを見ても変わりますからねということで、玄関先であしらわれてしまったとのことだった。

旧のカタログも渡してもらえず、店内はご自由にどうぞという程度で、すごくそっけなかったとのことだった。

妻と娘は、こんな店はだめだよねということになった。店内に入る気持ちもなくなったそうである。

今時、こんなお店、あるのかなと思ったそうである。

自宅に帰ってから、それでもやっぱりN-BOXを見たいなという思いがあり、ホンダの別の販売店に行ってみようとなったのである。

 

別の販売店に行く

妻と娘が向かったのは、妻が仕事場に向かっている途中にある販売店である。娘にとっても通学していた時にはその近くを通っていた販売店である。

交差点の角にあるので目立つ販売店だったこともあり、ここは大丈夫かなということで、二人で入ったそうである。

そうしたところ、販売員が来られて、年明けに新しいN-BOXが発売されるらしいけれど、とりあえず見てみようということで来ましたと言って店内に入った。

親切な販売員の方で、しっかりと年明け以降N-BOXがマイナーチェンジで発売されるということを教えてくれたそうである。

ただ、マイナーチェンジなので、現在のモデルとそれほど大きく変わるわけではないとのことである。

私も話を聞いていたわけではないので、何が違うのかよくわからないが、今、1台だけ現行モデルがあるというのである。

現行モデルは既に生産が終了していて、これから入ってくるのはマイナーチェンジの新しいN-BOXしか入ってこないとのことだった。

しかも、今、1台だけある現行モデルは、娘がほしいと思っていた色の車種だった。

そんなこともあって、見積もりを取ってみると、税金も含めて税込で約220万円ほどであった。

 

現行モデルにするかマイナーチェンジモデルにするか

ただ娘としては、今ある現行のN-BOXは片方のドアしか自動でスライドしないとのことであった。娘はそこが引っかかっていたようである。

娘の希望としては、両方とも自動のスライドドアがほしかったのである。

両方が自動のスライドドアのN-BOXにするのであれば、現行モデルではなくて、マイナーチェンジ後のモデルでの受注になるとのことだった。

もう、現行モデルでの生産は行っていないからである。

マイナーチェンジ後のモデルで見積もりを取ったところ、250万円ほどになるとのことだった。

そこでどうしようとなったのである。

販売店には、N-BOXがどんな感じなのかなということで見に来ただけであり、カタログを持って帰る程度で良いと持っていたようである。

30万円の差は大きいなと思ったのである。

そこで、これはパパに相談しないと…ということで、私に電話がかかってきたのである。

やっとここで私の登場だ。

ほんと、頼むわ…である。

一気に書く予定であったが、ちょっと長くなってきたこともあり、今回はここで終わりにしたいと思います。

この続きは次回に書きたいと思います。

ということで、「娘がマイナーチェンジ後の新型N-BOXを注文した話」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

今回の話の続きは、こちらです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m
↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログへ

-日記

© 2021 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5