生活用品 単身赴任生活

カミソリ 替刃 の切れ味を長持ちさせる Razorpit Premium (レイザーピット プレミアム) を使ってみた話

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、カミソリ 替刃 の切れ味を長持ちさせる Razorpit Premium (レイザーピット プレミアム)という商品を使ってみた話です。

f:id:totoro-niisan:20200921095543j:plain

 

はじめに

私の場合、通常はブラウンを使っています。
ただ、時々カミソリを使って、きれいにひげを剃りたくなることがあります。
私の場合、肌が弱いので常にカミソリを使うと肌が荒れてしまうので、基本はブラウンの電気シェーバーを使っています。
時々しか使わないカミソリなのですが、カミソリの刃が結構値段が高いんですよね。
私が使っているカミソリは、以前にも紹介したことがあるかもしれませんが、こちらです。

 

計算するとカミソリの刃一本が400円ほどします。
あまり使わないのですが、カミソリの刃を買おうとなると結構金額がするので懐が痛くなります。
そこでカミソリの刃って研げないのかな~と私は思ったのです。
カミソリの刃を研ぐことができれば、すごくコストダウンになるなと思ったのです。

 

砥石を探す

カミソリの刃を研ぐのであれば、頭に浮かんだのが、包丁を研ぐのと同じようなことを思いました。
そこで Amazon で早速検索。
購入するのであれば、この砥石だなと思いました。

だけど 、砥石でカミソリの刃を研ぐなんて聞いたことがないよな~と思ったのです。
散髪屋さんであれば、カミソリの刃を研ぐことはあるかもしれません。
しかし、普通の人がカミソリの刃を研ぐなんてするのかな?と思って検索をして調べてみました。

 

 

 

Razorpitを発見

ネットで調べてみると、カミソリの刃を研ぐのではなく、カミソリの刃の切れ味を長持ちさせるということで、ジーンズを使った方法があるということがわかりました。
カミソリを使った後、古いジーンズにカミソリの刃を当てて、下から上に向けてこすっていくことで、カミソリの刃の切れ味がよみがえるというのです。よみがえるというか切れ味が長持ちするというのです。
決してカミソリの刃を研いでいるのではなくて、カミソリの間に詰まった油やゴミなどをきれいに取り除いて、切れ味を維持するということらしいです。
なるほどと思いました。
これはすごいなと思ったのです。そんな方法があるのかと思ったのです。
だけど、要らなくなったジーンズなんて今手元にはありません。
確かに少し色が剥げたジーンズはありますが、まだまだ現役で履けるジーンズです。
それにカミソリの刃を当てて試すのもちょっともったいないなと思いました。
そこでもう少し調べてみると、なんとRazorpitというカミソリの刃の切れ味を維持する商品があることを発見しました。こちらです。

2000円ほどするので、2000円って高いなと思いました。
ほとんど砥石と同じくらいの値段がするじゃないか。
砥石ならば包丁も研げるし、ずっとずっと使うことができる。
カミソリの刃だけのために2000円も出すのは、ちょっともったいないなと思ったのです。
砥石を購入するか、それとも、Razorpitを購入するか。
砥石で普通のカミソリの替刃を研ぐというのは、やっぱり聞いたことがないのと、いくらチャレンジャーの私であっても、普通の砥石でカミソリの刃が研げなかった時のことを考えるとちょっと危険すぎるなと思いました。
そこで結構評判のいい、Razorpitを購入することにしました。

 

 

 

Razorpit を見る

そもそもRazorpitには何種類かあるようなのですが、どうせ購入するのであればということで プレミアム という名前にもつられて、 Razorpit Premium を購入しました。
こういうところは、私は弱いんですよね。つい名前につられる。大勢に流されてしまうんですよね。
届いた商品はこちらです。
箱の正面

f:id:totoro-niisan:20200921095859j:plain

f:id:totoro-niisan:20200921095919j:plain

使い方が書いてあります。

裏側

f:id:totoro-niisan:20200921095943j:plain

開封しました

f:id:totoro-niisan:20200921100010j:plain

取り出しました

f:id:totoro-niisan:20200921100033j:plain

かたいゴムみたいな材質です。
結構、しっかりしています。

 

 

 

斜めにしてみました

f:id:totoro-niisan:20200921100051j:plain

反対側

f:id:totoro-niisan:20200921100108j:plain

横にしてみました

f:id:totoro-niisan:20200921100129j:plain

裏側

f:id:totoro-niisan:20200921100146j:plain

刃を止めるところ

f:id:totoro-niisan:20200921100205j:plain

しっかりしたつくりで、カミソリの刃が外れることはないでしょう

表面

f:id:totoro-niisan:20200921100225j:plain

表面を押しても滑り止めのゴムのような雰囲気
かためです。

 

 

 

つけてみる

カミソリをつけてみました
カミソリの刃を上部の穴に挟み込んで、おいてみました

f:id:totoro-niisan:20200921100246j:plain

カミソリの取っ手の部分をギュッと押します

f:id:totoro-niisan:20200921100306j:plain

ポンと入りました

f:id:totoro-niisan:20200921100327j:plain

しっかり固定された感じです

横から見るとかっこいいです。

f:id:totoro-niisan:20200921100344j:plain

バッチリだぜ!!

 

 

 

試す

とりあえず、使え前の刃の様子

f:id:totoro-niisan:20200921100408j:plain

ジェルを用意

f:id:totoro-niisan:20200921100427j:plain

Razorpitにジェルをたらしました

f:id:totoro-niisan:20200921100448j:plain

軽く押し当てて、下から上に、剃る方向とは逆方向にすべらせました

f:id:totoro-niisan:20200921100509j:plain

f:id:totoro-niisan:20200921100527j:plain

 

 

 

横から撮影

横から撮影します
軽く押し当てて、剃る方向とは逆方向にすべらす

f:id:totoro-niisan:20200921100554j:plain

f:id:totoro-niisan:20200921100615j:plain

f:id:totoro-niisan:20200921100633j:plain

これを5回ほど繰り返しました

そして、キレイに水洗い

f:id:totoro-niisan:20200921100656j:plain

刃を見ます

f:id:totoro-niisan:20200921100715j:plain

ん~、正直よくわからないです。
もともと交換して3回くらいしか使ってなかったので…。

 

 

 

風呂場で試す

カミソリは、お風呂場で使うことが多い私です。
なので、届いたその日に、お風呂場で試してみました。
日中に、Razorpitで刃をきれいにしてあったので、切れ味は上々という感じ。
そして、ジェルではなく、ボディソープの泡をRazorpitにのせて、すべらせました。
どうせなら、5回といわず…。10回も15回も、下から上に、下から上に。
1回か2回移動させるたびに、ボディソープの泡をのせて、すべらせました。
これで、完璧な刃の切れ味になるだろう。みたいな気持ちで、やりました。
風呂から上がって乾かしました

f:id:totoro-niisan:20200921100740j:plain

刃はこんな感じ

f:id:totoro-niisan:20200921100756j:plain

10回も15回もすべらせたからでしょうか。なんとなく、輝きが復活した感じ。
切れ味は、そんな変わらないかな~と思いました。
とりあえずは、このいい感じの切れ味が維持されるのであれば、購入しただけあるな~と思いました。
新しい刃を購入するスパンが伸びそうです。

 

 

 

まとめ

購入して使い始めてから2週間ほど経過したのですが、刃の切れ味は今も持続しています。使った後に、ボディソープの泡で10回も15回も下から上に下から上に滑らせてきれいにしています。
その甲斐もあってでしょうか、つい先日、ちょっと内モモのところの毛を剃ってみようかなと思ってカミソリをすっと当てたところ、すごく滑らかに毛がそれるではありませんか。
さらりと、なでるように移動させただけなのに、きれいにそれるのにはびっくりしました。
ボディソープの泡が残っている上から、そっと当てただけなのです。
これは結構切れ味が維持できているなと思いました。
いつも私は5枚刃セットで購入しているので1回の購入で結構な金額になるので、できる限りギリギリまで購入せずに、もう買うしかないな~と思う時に、やっと購入しています。
とにかく、使い捨てなので、もったいないな~と思ってしまうんですよね。
今回Razorpitを購入して、この切れ味がとりあえず今しばらくは継続していることを思うと、次回の刃の購入は年明け以降になることは間違いないなということで、ちょっと安心しています。
これからもずっとこのRazorpitを使っていけば、本当に節約になるなと思った次第です。
Amazon のレビューなどを見ると、人によっては大した効果がないよというようなことを書かれているレビューもあるのですが、私個人としては、とりあえず切れ味は持続しているような気がしていますので、買ってよかったなと思っています。
もし興味がある方は、一度試してみられると良いと思います 。
カミソリの刃をRazorpitにしっかりとセットするとこんな感じです。

f:id:totoro-niisan:20200921100817j:plain

刃の部分は水滴なども落ちるようにしっかりと作られているので、安心して置いておくことができます。
個人的にはすごくおすすめです。
ということで今回は、カミソリ 替刃 の切れ味を長持ちさせる Razorpit Premium (レイザーピット プレミアム) を使ってみた話でした。
今回も、最後までお付き合いありがとうございました。

↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログへ

 

 

 

 

 

-生活用品, 単身赴任生活

© 2020 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5