パソコン関係 iPhone・iPad

セキュリティソフト マカフィーリブセーフ 3年版 を3000円(税込)で購入する!

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、セキュリティソフト マカフィーリブセーフ を特価で購入した話です。

 

セキュリティソフトの重要性

以前、dアカウントを乗っ取られた話をしました。

本当に恥ずかしい話です。
その時は、セキュリティソフトを導入していませんでした。
Windows10を標準のまま使用していました。もちろん、Windows10には、Windows Defenderというセキュリティ機能が標準で装備されています。
私も数年間はそれでWindows Defenderだけで過ごしてきましたが、dアカウントを乗っ取られたことをきっかけに、セキュリティソフトを導入しました。
導入後、ウイルススキャンを実行してみると、ウイルスを検知。
ショックでした。それ以降、セキュリティソフトを常駐するようになったのです。
詳細は、こちらの記事をご覧ください。

  

セキュリティソフト マカフィーを導入

なぜマカフィーを導入したのかというと、自宅でケーブルテレビインターネットを使っていて、プロバイダーが「マカフィー for ZAQ」を無料で提供しているからです。
ケーブルテレビインターネットを使い続けている限り、無料なのです。
大きいですよね。これって。
前回の記事を書いたとき、「マカフィー for ZAQ」と通常版とでは、違いはないと書きましたが、よくよく調べてみると違いがあることが分かりました。
詳細は下のリンク先を見ていただきたいのですが、
「マカフィー for ZAQ」と市販製品販「マカフィー」の違いは何ですか?
簡単に書くと、次の3つが「マカフィー for ZAQ」で非対応となっています。
1.ファイルとフォルダーの暗号化 非対応
2.マカフィー for ZAQでは、iOS(iPad / iPhone)版の提供なし
3.True Key アプリ 非対応

 

 

 

3つの非対応を確認

個別に3つの非対応を確認しましょう。
1.ファイルとフォルダーの暗号化 非対応
2.マカフィー for ZAQでは、iOS(iPad / iPhone)版の提供なし
3.True Key アプリ 非対応

1.ファイルとフォルダーの暗号化 非対応
ファイルとフォルダーの暗号化の内容ですが、
パソコン上にパスワード保護された金庫を作成。重要ファイルを暗号化して安全に保管します。パソコンの紛失・盗難時もハッキングを防ぎ、個人情報を保護できます。
ということです。
確かにあったら便利ですが…。大丈夫でしょう。

2.マカフィー for ZAQでは、iOS(iPad / iPhone)版の提供なし
iPhoneを使っているとiOSのセキュリティ自体がしっかりしているので、必要性をあまり感じません。

3.True Key アプリ 非対応
パスワード管理ツールです。
dアカウントが乗っ取られた後、パスワード管理ツールを導入した話を書きました。

導入したソフトは、「Last Pass」です。現在でも使っています。
Last Pass」とほぼ同じような内容のソフトが「True Key」なのです。
個人で使うのであれば、「Last Pass」の無料版で十分です。

以上から、「マカフィー for ZAQ」と市販製品販「マカフィー」の違いはありますが、市販製品販「マカフィー」をわざわざ購入する必要はないかなと思います。

 

True Key について

先ほど3番目に書いた、パスワード管理ツールですが気になることがあります。
実はこのソフト、マカフィー の機能の1つになっていますが、開発元はインテルです。
「True Key」の正式名称は、「Intel Security True Key」なのです。
2016年版のマカフィーから導入されています。インテルと聞くだけで、使ってみたくなるのは私だけでないですよね。安心感があります。
True Keyのホームページ

f:id:totoro-niisan:20200509234740j:plain

 

単品での使用も可能で、無制限個のパスワードのプレミアム版が2296円/年となっています。税込2525円(210円/月)です。

f:id:totoro-niisan:20200509234808j:plain

 

ちなみに、無料版でGoogle Chromeの拡張機能でインストールするときの画面

f:id:totoro-niisan:20200509234844j:plain

超高レビューです。

 

 

 

マカフィーリブセーフ の導入を考える

前置きが長くなりましたが、ケーブルテレビインターネットを使っている限り「マカフィー for ZAQ」は無料なのです。
しかし、単身赴任終了後、自宅に戻ったときはケーブルテレビインターネットを解約して、ここ大阪のマンションで使っている光OCNの回線を自宅に導入しようと考えているのです。
やはり、光OCNは制限が全くありません。ガンガン動画を流していても問題なし。
また、CMカットしたドラマなど動画データ(40ギガや50ギガほど)をGoogleフォトに一気にアップするのも超快適です。
しかも、IPv6は本当に快適です。夜も快適に Amazon Prime ビデオ などをスイスイ見ることができます。
そんなこともあって、単身赴任終了後、自宅に戻ったときは光OCNを導入予定なのです。

そうなると、「マカフィー for ZAQ」が使えなくなる。
当然、何かセキュリティソフトの導入が必要になる。マカフィー以外の製品も考えられますが、今のところ「マカフィー for ZAQ」ですごく満足している。
一番良いのは、家族全員、何台でもインストールOK
これにつきます。制限がない。本当に楽です。

ということで、私の頭の中では、将来は「マカフィーリブセーフ」を導入=購入する という図式が頭の中に出来上がっていたのです。

 

マカフィーリブセーフ 超特価を発見!!

「前置きが長くなりましたが、」と先ほど書きましたが、さらに長くなりすみません。
そんな中、「PC Watch」のサイトを見ているとき、右側の「マカフィーリブセーフ」の広告が目に入ったのです。

f:id:totoro-niisan:20200509234906j:plain

 

クリックしてみると、ベクターのページに飛びました。

f:id:totoro-niisan:20200509234930j:plain

 

さらに赤枠のキャンペーンページに飛ぶと…。
究極特価のページに!!

f:id:totoro-niisan:20200509234957j:plain

 

究極特価3,000円!!の赤文字が…。
カーソルを乗せると…と書いてあるので、そこにカーソルを持っていくと…。

期間限定ですが…。究極特価3,000円!! マジかよ!!!!!
しかも、税込み!!!!! マジかよ!!!!

f:id:totoro-niisan:20200509235051j:plain

3年だよ。3年!! 1年あたり1000円(税込)ウソでないよね。
目を疑いました。

マカフィー for ZAQ」は、確かに無料です。
しかし、「True Key 」はありません。
マカフィー for ZAQ」にない3つの機能の中で、一番ほしいのは「True Key」。
単純計算でも 税込2525円/年 × 3年 = 7575円(税込)
単品の「True Key 」を3年使ったとしても、7575円(税込)。
この「True Key 」の機能も入った「マカフィーリブセーフ」が、3000円(税込)!!
超、超、超特価です。
念のため注意しておきますが、期間限定です。

 

 

 

期間限定を過ぎるとどうなるの?

今回の価格は、期間限定です。期間限定を過ぎると、価格は高くなります。
当然ですよね。
期間が決まっているから、「期間限定」なのです。
実は、今回紹介する以前に一度この超特価の3000円を見ました。
本当かなと思っていましたが、他のサイトを見ているうちに忘れてしまい、あとで探したことがありました。
その時は、
3000円 → 4980円 → 6980円 と価格が上がっていきました。
そして、久しぶりに再発見したのです。
5/8-5/10の3日間限定で3000円(税抜)でした。
なので、もし仮に高い金額の時に私の記事を発見した方は、安くなるときがあるので、このブログの記事をブックマークしてもらい、時々ベクターをチェックしてもらえればと思います。
下の画像をクリックしてもらえば、特価ページに飛びますので。

f:id:totoro-niisan:20200509235225j:plain

 

すぐ使用するのか

今回、私が3000円特価を購入したのは、次回自宅に戻って光OCNを導入したときに使う予定です。それまでは、3000円で購入してライセンスは使いません。
では、なぜ使わない30000円の特価のライセンスを購入したのでしょうか。
なぜなら、特価の3000円で購入してなかった場合、突然に自宅の事務所に戻る辞令がでて慌てて光OCN回線も変更したとき、特価の「マカフィーリブセーフ」を購入できずに高い「マカフィーリブセーフ」を購入することがあるかもしれないからです。
マカフィーリブセーフ」のライセンスは、インストールしてライセンスキーを登録したところから3年間がスタートするからです。なので、安い特価の時に購入しておくのです。
また、すでに「マカフィーリブセーフ」を使っていて1年程度ライセンスが残っている場合でも、特価の時に3年版のライセンスを購入し追加登録すれば、1年程度のライセンスにプラスされて4年程度に延びるのです。
そのような理由から、今回、超特価の3000円で「マカフィーリブセーフ 3年版」を購入することにしました。
f:id:totoro-niisan:20200509235225j:plain

 

 

 

まとめ

マカフィーリブセーフ 3年版」について、書きました。
他のセキュリティソフトを使用している方からすると、あまり興味がないことかもしれません。いくら安くても自分が気に入ったセキュリティソフトを使うべきだと思うからです。
セキュリティは価格だけでは決められないからです。
慎重に選んでいただきたいと思っています。
ただ、今回紹介させてもらった「マカフィーリブセーフ」の評価は、標準です。超優れているというわけではありません。必要十分です。個人的には使いやすいです。
しかし、「マカフィーリブセーフ 3年版」が3000円(税込)となると、超魅力的に思えるのではないでしょうか。
他のセキュリティソフトが、特価で3年版が6000円程度だったとしても、同じ価格で6年間使えます。
もし、他のセキュリティソフトが3年版で9000円程度だったとすると、「マカフィーリブセーフ 3年版」が3つで、9年分使えます。3つも購入してすべて登録してしまえば、9年間何もセキュリティソフトの更新を考えずに安心してパソコンが使えるのです。
ものすごいことだと思いませんか?
あまりにすごすぎて、言葉がありません。
興奮しているのは、私だけかもしれませんが、マジですごいと思ったので書きました。
最後にもう一度書きますが、私の記事を読んだときは特価になっていないときがあるかもしれません。
しかし、その場合はこのブログ記事を思い出して、こまめにチェックしてみてください。
そして、特価になった時に購入!! これで決まりです!!

f:id:totoro-niisan:20200509235225j:plain

今回も、最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

www.totoro-niisan.com

-パソコン関係, iPhone・iPad

© 2020 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5