iPhone

iPhone12・iPhone12Proの機種変更は、SIMフリー端末とキャリア端末のどっちがお得か、すべてのキャリアを調べてみた話

iPhone12・iPhone12Proの機種変更は、SIMフリー端末とキャリア端末のどっちがお得か?

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、前回に続き、iPhone12・iPhone12Proの機種変更は、SIMフリー端末とキャリア端末のどっちがお得か?という話です。

 

前回のおさらい

前回も SIM フリー端末とキャリア端末のどちらがお買い得かということで記事を書かせてもらいました。

今回は、前回の時に書かなかったau以外のキャリアのお得感を表にして、比較したいと思います。

分かりやすいように、シンプルに機種変更だけにします。
ほとんどの方が機種変更だと思うからです。
では、さっそく見ていきましょう

 

iPhone12

アップルの実質負担は、2年前の iPhone XS の下取り価格が約3分の1の価格だったので、SIMフリーの66%を実質負担として計算しています。
このSIMフリーの実質負担額に対して、各キャリアの機種変更における実質負担を表にしてみました。

iPhone12(2年で機種変更する実質負担額)

    64GB 128GB 256GB
アップル(SIMフリー) 価格 94,380円 99,880円 111,980円
実質負担 62,920円 66,587円 74,653円
ドコモ 価格 101,376円 109,296円 123,552円
機種変更 67,584円 72,864円 82,368円
au 価格 103,430円 108,260円 122,435円
機種変更 49,930円 52,000円 59,935円
ソフトバンク 価格 110,880円 116,640円 131,040円
機種変更 54,440円 58,320円 65,520円
 ※アップルの実質負担 = 価格×0.66(2年後の買取価格を3分の1と見積)

各キャリアが示している負担額の少ない順番は、au、ソフトバンク、ドコモの順番になりました。

SIMフリーとの実質負担の差を表にしたのがこちらです。

SIMフリーとの実質負担の差

    64GB 128GB 256GB
アップル(SIMフリー) 価格 94,380円 99,880円 111,980円
実質負担 62,920円 66,587円 74,653円
ドコモ 機種変更 67,584円 72,864円 82,368円
負担差 -4,664円 -6,277円 -7,715円
au 機種変更 49,930円 52,000円 59,935円
負担差 12,990円 14,587円 14,718円
ソフトバンク 機種変更 54,440円 58,320円 65,520円
負担差 8,480円 8,267円 9,133円
 ※負担差 = アップル実質負担 - 機種変更

負担の少ない順番は、au、ソフトバンク、ドコモの順番になりました。
ドコモの場合は、2年交換プログラムより、SIMフリーを一括購入し2年後に買取に出した方が負担額は少ないということになります。

 

iPhone12Pro

次に、iPhone12Proを見ていきましょう

まずは、各キャリアの機種変更の実質負担額の表です。

iPhone12Pro(2年で機種変更する実質負担額)

    128GB 256GB 512GB
アップル(SIMフリー) 価格 117,480円 129,580円 153,780円
実質負担 78,320円 86,387円 102,520円
ドコモ 価格 129,096円 142,560円 169,488円
機種変更 86,064円 95,040円 112,992円
au 価格 127,495円 140,750円 168,170円
機種変更 62,235円 69,250円 84,430円
ソフトバンク 価格 137,520円 151,920円 180,000円
機種変更 68,760円 75,960円 90,000円
 ※アップルの実質負担 = 価格×0.66(2年後の買取価格を3分の1と見積)

負担額の少ない順番で、au、ソフトバンク、ドコモの順です。

SIMフリーとの実質負担の差を表にしたのがこちらです。

SIMフリーとの実質負担の差

    64GB 128GB 256GB
アップル(SIMフリー) 価格 117,480円 129,580円 153,780円
実質負担 78,320円 86,387円 102,520円
ドコモ 機種変更 86,064円 95,040円 112,992円
負担差 -7,744円 -8,653円 -10,472円
au 機種変更 62,235円 69,250円 84,430円
負担差 16,085円 17,137円 18,090円
ソフトバンク 機種変更 68,760円 75,960円 90,000円
負担差 9,560円 10,427円 12,520円
 ※負担差 = アップル実質負担 - 機種変更

こちらも、au、ソフトバンク、ドコモの順番です。
iPhone12と同様、ドコモの場合は、2年交換プログラムより、SIMフリーを一括購入し2年後に買取に出した方が負担額は少ない計算になります。

 

まとめ

今回の検証から、SIMフリーを一括購入するよりキャリアの2年交換プログラムを利用した方がお買い得なのは、auとソフトバンクという結果になりました。
また、ドコモは、SIMフリーを一括購入して、2年後確実に買取に出す方がお買い得になります。
ただ、SIMフリーの買取価格は、2年前のiPhone XSの買取価格が販売価格の3分の1程度だったので、今回も3分の1に設定しています。2年後に3分の1で買取されるかは不透明です。
それでも、SIMフリーiPhoneは、どのキャリア版のiPhoneよりも買取価格が高いことは間違いないので、ドコモユーザーの方は、SIMフリーにしてみるのもありかもしれません。

SIMフリーのiPhoneを所有するといことは、キャリアに縛られていないという解放感みたいなものがあります。完全に気分の問題ですが、満足感はあります。なので、SIMフリーを一度持つともうキャリアのiPhoneは使えないという方もいるくらい解放された満足度は高いです。

最後に、スマホのサービスというのは、端末の価格だけでなく実際のデータ通信プランとも関係してきます。毎月の支払いは、端末価格+データ通信料だからです。なので、データ通信プランも含めて、最終的に自分にあった購入方法で決定されることをお勧めします。

ということで、今回は、「iPhone12・iPhone12Proの機種変更は、SIMフリー端末とキャリア端末のどっちがお得か?」という話でした。
今回の記事が少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m

↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログへ

-iPhone

© 2020 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5