単身赴任生活 運動

GronG(グロング) フロアマット を使ってみたら、雨上がりの短い芝生の上を歩いているような心地よい感覚になるマットだった話

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、踏み台昇降運動 をする ステップ台 として フロアマット を購入した話です。

はじめに

私の場合、普段あまり運動をしていません。もともと運動があまり好きではありません。しかし体力の衰えも感じるようになったこともあって、 マンションで踏み台昇降運動をしています。

踏み台昇降運動をはじめてからずっと購入しようと思っていたフロアマットですが、在庫切れあるいは金銭的な問題もあってなかなか購入できませんでした。
やっと今回購入することができたので、レポートしたいと思います。

 

ヨガマットを使っていた

踏み台昇降運動で使っているステップ台はこちらです。

高さもちょうどよく、快適な商品です。

ステップ台を使用するときは、ステップ台の下に何かを引かないと床が痛むということで、これまでヨガマットを使って運動を続けていました。

しかし、ヨガマットを使っているとヨガマットに対する負担が大きいような気がしていたので、 ずっと心の中に何か引っかかるものがありながら使っていました。ヨガマットが傷んでしまうのではないかという気持ちです。

ヨガマットをそのまま使うのは、踏み台昇降運動をする前にストレッチをするからです。

ただ、ずぼらな私なのでストレッチもあまりしなくなってきてしまいました。

けれど、体力の衰えだけは避けたいということもあって、踏み台昇降運動だけは週に4~5日程度は継続して行っています。

そこで今回、フロアマットを購入しようと思ったのです。

購入したのは踏み台昇降運動のステップ台と同じメーカーのグロングのフロアマットを購入することにしました。

 

開封の儀

ではさっそく見ていきましょう。
箱の外観

拡大します

箱の長さは81センチです

マットが 100cm×80cm 厚さ6mm ということになっているので、ちょうど良い大きさです。

注意事項です

開け方が分からなかったので、とりあえず横から開けました

取り出しました

ビニールに包まれていました

しっかりと密封されています

袋を開けました

袋から出したところ

広がらないようにビニールで縛ってあります

ビニールをとります

テープでとめてありました
外したら元に戻すのが大変かなぁ~と思いながら取り出しました。

 

マットを見てみる

取り出したところです。

写真では、縦が100cm、横が80cmです。

拡大してみましょう

やわらかめです

裏地

滑らない感じ

感触もいいかなかなぁ~と思います

もう一度裏側

足で踏んでみたところ

滑らないことを確認

手で押してみました

全然動きません。床を滑らないです。あたりまえかぁ~。

ステップ台を載せてみました

いい雰囲気です。色もバッチリでかっこいいです。

 

使った感想

ステップ台の踏み台昇降運動をしてみました。

感想としてはすごく良いというのが第一印象でした。

これまではヨガマットを使っていたので、ヨガマット自体もすごくよくクッション性から行ったらヨガマットの方が良いでしょう。だけどヨガマットとは全く違う感覚がこのフロアマットから感じました。

フロアマット自体がもともと運動用具をその上に置くために作られたというコンセプトがあると思うのですが、その運動用具の下に引くフロアマットなので、トレーニングマットとしての要素も兼ね備えている感じがします。

言葉で表現するのは非常に難しいのですが、ヨガマットの場合にはまさにカラダ全体を使ってヨガをするためのマットです。そのため体に負担がかからないようにという感じがあって、ヨガマット自体がすごく体に優しくクッション性が高い感じを受けます。

しかし今回のフロアマットは、運動用具を置いた上でその周りでトレーニングもするということから、どちらかというとカラダ全体のフィット感というより、足回りのフィット感がすごく良い商品だと感じました。

踏み台昇降運動をしていて思ったのは、足の裏がフロアマットにしっとりと沈む感じなのです。しっとり沈むというとべたつくような感じをイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、べたつくような感覚は全くありません。心地よい沈み感なのです。

言葉で例えると、「雨上がりの短い芝生の上を歩いているような心地よい感覚になる」、まさにそのような感じのフロアマットなのです。イメージできるでしょうか。

本当に気持ち良い感覚になるのです。踏み台昇降運動をしているにもかかわらず、芝生の上でも歩いているような感覚になるのです。これはやめられないなぁ~という感じなのです。 芝生の上を裸足で歩いていてずっとそのまま歩いていたいというような感覚に、 踏み台昇降運動をしていながら感じてしまうフロアマットなのです。

なんだ~この感覚はというような感じです。これってアリなのという感じなのです。それくらいにすごく気持ちが良いフロアマットです。言葉で表現するにはこれが限界かもしれません。この感覚はおそらく実際に足をつけて動いてもらえればわかってもらえると思います。トトロ兄さんが言っていたのは、まさにこの感覚か~とわかってもらえると思います。自分でもおそらくドンピシャの表現だと思うのです。それぐらいそのような感覚になるフロアマットなのです。

これはやめられないな。これはいいぞ。そんな感覚に陥りながら、西野カナの音楽を聴きながら踏み台昇降運動を続ける私なのです。

まさにおすすめのフロアマットです。

 

お片付け

使った後のお片付けはどうするのか。

問題はここなのです。開けるときにビニールテープで巻いてあったけれど、使い終わったどうすればいいの?という思いが頭をよぎりました。

何か丸めて止めるようなマジックテープを購入するしかないかなと思ったのです。

100均に売っているのかなとも考えました。もしかしたら仕事帰りに100均にでも寄り道することになるかもしれません。とりあえずはまいてみようということで、巻いてみました。
すると意外としっかり巻いた状態を維持してくれていることがわかりました。

立つのかな?と思って立ててみました。


おっ! たったよ~、という感じです。

この状態をずっと維持してくれているのであれば、マジックテープも必要ないかもと思ったのです。
ヨガマットと並べてみました。


いい感じで立ってくれました。しばらくはこの状態で片付けて、踏み台昇降運動を続けたいなと思いました。

 

まとめ

今回は踏み台昇降運動のステップ台の下に引くために、フロアマットを購入しました。

金額的には2480円とお手軽価格です。しかも 100cm×80cm 厚さ6mm というステップ台を置くにはちょうど良い大きさでした。

使ってみた感触も最高です。

これは長く使えるなと思いました。

Amazon のレビューを見てみると、 すごく評価が高いです。 評価が高い理由もはっきりと分かりました。足の裏の感触は素晴らしいです。踏み台昇降運動をずっと続けられるというような感覚なのです。

たかがフロアマット、されどフロアマット。マジで良い商品です。

言葉で表現するのはなかなか難しいのですが、使った感想のところでも書いた通りです。自分なりにはベストな表現で表していると思います。それほど素晴らしいフロアマットです。

箱から開けて触ってみると、ヨガマットよりもどうなのかなという感じも最初はするでしょう。だけれど、実際に踏み台昇降運動をしてみると、足裏の感触はもう最高に素晴らしいのです。芝生の上を心地よく歩いている、走り回っている、そんな感覚で足踏み昇降運動が続けられるフロアマットなのです。

西野カナの「Have a nice day」や「パッ」を聞きながら昇降運動を続けていると、思わず目をつむって広々とした芝生の大地を駆け巡っているような感覚になってきてしまいます。

とりあえずは素晴らしいということを言いたいだけなのですが…

ということで、今回は、GronG(グロング) フロアマット を使ってみたら、雨上がりの短い芝生の上を歩いているような心地よい感覚になるマットだった話です。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m
↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログへ

PS.踏み台昇降運動でお勧めの曲

-単身赴任生活, 運動

© 2020 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5