アクセサリー

ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン (TALEXレンズ)が、どんな感じの製品なのか実物を確認した話(購入予定者必見!)

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、「ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン」の話です。

 

ダイワ TLX 015 イーズグリーン を購入!

幸いにして、Amazon ブラック フライデーで、「ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン」を購入することができました。

ダイワ 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン

もう1種類の「ダイワ 偏光グラス TLX 015 トゥルービュースポーツ」はセールになっていませんでした。

ダイワ 偏光グラス TLX 015 トゥルービュースポーツ

同時に、「ゼクー 偏光サングラス HOVER EASE GREEN」は、ブラックフライデーの開始当初からずっとセールになっていました。

ゼクー 偏光サングラス HOVER EASE GREEN

ゼクー 偏光サングラス HOVER TRUEVIEW SPORTS

私の場合、偏光グラスを鼻の上に載せる部分がゴムのようなやわらかい形状が好きなので、購入するのであれば、「ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン」かなぁと思っていたので、本当にラッキーでした。

 

 

ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015 とは?

商品を確認する前に、「ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015」の特徴を確認しましょう。

バスプロの藤田京弥さんも使用しているこだわりの1本だそうです。

販売されているモデルは、4種類です。

TLXに求めた3つの要素

トゥルービューとトゥルービュースポーツの違いです。

イーズグリーンの特徴と4種類の仕様です。

トゥルービュースポーツは、2022年4月に発売されました。それまでは、3種類でした。

ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン」の使い心地が良ければ、「ダイワ 偏光グラス TLX 015 トゥルービュースポーツ」もぜひ手に入れたいと思っています。

 

 

ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015の外箱を確認する

それでは、早速確認していきましょう。

ダイワ 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン

まずは外箱です。

かっこいい!と思いました。

間違いなく「TLX 015 イーズグリーン」です。

箱の底

いろいろ書いてあります。

 

 

ダイワ DAIWA TLX 015 イーズグリーンを箱から出す

ケースに入っていました。

あたりまえですね。

しっかりしたケースです。

横に取っ手がついています。

リュックやベストに取り付けることができます。

ケースの正面です。

ピタッとくっついている感じです。

ケースの横幅は16cmです。

雨水などが入らない設計になっているのかもしれません。

裏側です。

高さは約6cmです。

ガッチガチの固いケースではなく、弾力もあります。

一般的には、ソフトケースといわれるものだと思います。

落とした場合でも、中の偏光グラスに衝撃が伝わりにくい設計になっています。

さすがです。

横です。

奥行きと思ってください。

7.5cmです。

偏光グラスのケースとしては大きいと思います。

取り出した時、でかい!と思いましたが、弾力性などを考慮すると、しっかりとしたつくりだと感心します。

 

 

ダイワ DAIWA TLX 015 イーズグリーンを開封する

さぁ、いよいよ開封です。

ファスナーを引いて開けます。

ピタッとくっついているので、開封か未開封か確認できるレベルの密封状態でした。

ドキドキです。

開けました!

袋に入っています!

オッ!という感じです。

取り出しました。

レンズクロスです。

ダイワのロゴが入っています。

ブラックというのも渋いですね。

裏側

 

 

ダイワ DAIWA TLX 015 イーズグリーンを確認する

いよいよ袋から出します。

取り出しました。

黒のフレームが渋いです。

斜めから確認します

正面です。

斜め後ろ

内側

 

 

イーズグリーンのTALEXレンズを確認する

TALEXレンズを確認しましょう。

左側

右側

ちょっと拡大します。

左側

右側

内側から見た感じ

左側

右側

 

 

ダイワ DAIWA TLX 015 の鼻の部分を確認する

重要な場所です。

上から

角度を変えます

下から

角度を変えます

金具でないものがほしかったのです。

いい感じです。

 

 

手でつまんでみました。

内側に寄せてみました

いい感じです。

しっかりフィットすることが分かります。

角の部分です。

ホコリがついてしまいました。

あとで気が付きました。

上から見た感じです。

左側の部分

右側の部分

「説明の紙」をずらしました。

固くないです。

軽く曲がります。

満足度はマックスです。

 

 

シマノ フィッシンググラス PC と比較する

所有している「シマノ フィッシンググラス PC」と比較します。

シマノ フィッシンググラス PC HG-078L

Amazonで、約3000円で購入した製品です。

詳細は、こちらの記事をご確認ください。

並べてみました。

左がダイワ、右がシマノです。

上からみました。

真上から

幅は変わりません。

カーブの仕方も変わらないです。

シマノの付け心地が良かったので、ダイワもピッタリです。

向きを変えて真上から

 

 

もう一度、正面から

シマノ フィッシンググラス PC」は、偏光度は99%、可視光線透過率は13%です。

ダイワ TLX 015 イーズグリーン」は、偏光度は90%、可視光線透過率は40%です。

可視光線透過率とは、光を通す割合のことで、可視光線透過率が低くいと、光をカットするためレンズの色が濃くなり、可視光線透過率が高いとレンズの色が薄くなります。

実際に比較してみると、「ダイワ TLX 015 イーズグリーン」は反対側がすけて見えます。

よって、「イーズグリーン」が薄暗い朝マヅメやユウマヅメの使用に適しているというのは、納得できます。

ダイワ TLX 015 トゥルービュースポーツ」は、偏光度は99%、可視光線透過率は30%です。

ダイワ 偏光グラス TLX 015 トゥルービュースポーツ

こちらは、まさに日中のギラギラしたときに使うのが良いと分かります。

ダイワ TLX 015 イーズグリーン」を見ていると、「ダイワ TLX 015 トゥルービュースポーツ」とセットでそろえたいなと思ってきました。

折りたたみました。

上から確認します。

両方とも同じ程度の大きさになります。

箱にいれて片づけました。

ん~、満足!

ダイワ TLX 015 トゥルービュースポーツ」も絶対に手に入れるぞ!という気持ちになりました。

 

 

まとめ(購入価格は?)

今回は、「ダイワ 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン」をじっくりと見てきました。

ダイワ 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン

確かにレンズの色が薄いので、朝マヅメやユウマヅメ、そして、曇りや雨天の時などにピッタリだと分かります。

だた、明るい日中は、「ダイワ TLX 015 トゥルービュースポーツ」があると絶対に良いなと思いました。

ダイワ 偏光グラス TLX 015 トゥルービュースポーツ

やはりセットものです。

2個そろえることを考えると、予算的に無理がかかりますが、それでも1度購入するとずっと使えます。

10年は使えるのでは?と思います。

であれば、セールなどをうまく利用して手に入れたいなと思いました。

将来、「ダイワ 偏光グラス TLX 015 トゥルービュースポーツ」を手に入れたら、今回と同様にどんな感じの製品なのか記事にしたいと思います。

最後に、Amazon ブラック フライデーの時に、いくらで購入したのか?

気になると思います。

購入履歴の画面を掲載しますので、ご確認ください。

こちらです。

もちろん、「販売元はAmazon」です。

Amazonの直接販売でこの価格は、そうそうないので、見た瞬間にポチリました。

ダイワ TLX 015 イーズグリーン」を店頭で実際に確認することは、なかなかできない製品なので、少しでも皆さんのお役に立てればと思い、記事にしました。

ということで、「ダイワ DAIWA 偏光グラス TLX 015 イーズグリーン (TALEXレンズ)が、どんな感じの製品なのか実物を確認した話(購入予定者必見!)」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m

↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

 

 

-アクセサリー