釣り

渓流でルアーを素早く交換できるように、スナップ付きサルカン を準備する

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、ルアー交換の「スナップ付きサルカン」の話です。

f:id:totoro-niisan:20200531160836j:plain

 

はじめに

ロッドリールラインと準備を進めていくうちに、ルアーを交換するためのリングみたいなものがいるなぁ~と思ってきました。
というか、ルアー交換用のリングみたいなものってなんというのか分かりませんでした。
そこで、ネットで調べてみると「スナップ付きサルカン」という名前だと分かりました。
だけど、繊細な渓流ルアーフィッシングで、そもそもつける人はいるのかなと思いました。
また、つけることで、ルアーの動きを邪魔するのでは?と思いました。
しかし、さらに調べてみるとルアー交換が楽であること。糸ヨレを防ぐこともあるとのこと。特にスピナーを使う場合など糸ヨレ防止になると説明がありました。クルクルまわるスピナーの場合、ルアーにラインを直付けすると糸ヨレがひどくなるようです。
糸ヨレを嫌って、近年は渓流でスピナーを使う人が減っているという記事もありました。
まぁ、どちらにしても交換は楽になります。
「THEフィッシング」を見ましたが、「THEフィッシング」でも「スナップ付きサルカン」を使っていました。じゃ、大丈夫だと安心したのです。
子供のころは、雷魚をルアーで釣ることがありましたが、その時も直結でしかしたことがなかったので、ルアーは直付けに限るという思い込みからやっと離れることができました。
最近の「スナップ付きサルカン」は、ボールベアリング式で糸ヨレ防止にもなるのかと思った。
単純に私が知らなかっただけかもしれませんが…。

 

 

 

使うルアーは?

ネットで「スナップ付きサルカン」を準備しようと思いましたが、さすがに大きさのイメージがつかめません。
また、どんなルアーを使うかで違ってくるよな~と思ったのです。
そこで、スピナーとスプーンの2g~3.5gがうまくつなげられる「スナップ付きサルカン」を準備しようと思ったのです。
実際に渓流で使用が想定されるルアーとして、
スミス AR スピナー トラウトモデル 2.1g 10mm MESI #05 フック#12

スミス AR スピナー トラウトモデル 3.5g 14mm MESI #05 フック#10

ウミネコ トラウト ルアー スプーン シルバー 2.5g

を選択しました。
最後のウミネコルアーは、1個100円程度の安いスプーンルアーですが、評価も高い、キャスティング練習用としても使える、ロストも気にせず使えることから選定しました。

 

現物を見る

これらの実物を確認したうえで、どの「スナップ付きサルカン」がいいのか実際のショップに行って確認してきました。
スミス AR スピナー トラウトモデル 2.1g MESI #05
スミス AR スピナー トラウトモデル 3.5g MESI #05
は、メジャーは有名なスピナーなので、大きなルアーショップであれば在庫があります。
なので、実ショップで確認しました。
そして、実ショップに行ったときに見つけたのが、この「スナップ付きサルカン」です。
日本の部品屋 柏木 ロウ付スナップ ローリングスイベル・ボールベアリング付 NO.00

通常の「スナップ付きサルカン」の約3倍程度の価格です。
1個100円程度します。しかし、しっかりとした作りを感じたので、この商品にしました。
もっと安い「スナップ付きサルカン」はいくらでもあるので、気にしない方はメジャーメーカーものであれば、そんなに気にする必要はないでしょう。

 

 

 

外袋から見る

では、早速見ていきましょう。

f:id:totoro-niisan:20200531161951j:plain

元祖と大きく書いてあります。
強度7kg これだけ有れば特に問題なし。
また、重さも0.1gと超軽量です。
写真からは、小さくてものが見えませんね

 

裏面です

f:id:totoro-niisan:20200531162020j:plain

8個入り、800円(税抜)、マジで高い!!

 

裏の隠れている部分をはがしました

f:id:totoro-niisan:20200531162147j:plain

「肝心要の部分を疎かにしていませんか?」にアンダーラインがあります。
結構大切なことが書いてあります。確かに…と思いました。

 

実物を見る

実際に袋から出してみました

f:id:totoro-niisan:20200531162207j:plain

マジで小さいです。
1.6cmくらいです。

 

メジャーの上にのせてみました

f:id:totoro-niisan:20200531162230j:plain

確かに、1.6cmくらいですね。

 

 

 

つけてみる

実際につけてみました。
スミス AR スピナー トラウトモデル 2.1g につけてみました。

f:id:totoro-niisan:20200531162305j:plain

 

スミス AR スピナー トラウトモデル 3.5g につけてみました。

f:id:totoro-niisan:20200531162325j:plain

 

ウミネコ トラウト ルアー スプーン シルバー 2.5g につけてみました。

f:id:totoro-niisan:20200531162351j:plain

 

3種類ともならべた写真です

f:id:totoro-niisan:20200531162412j:plain

いい感じですよね。
袋に入っている時は小さすぎて、大丈夫かな~と思いましたが、実際に取り付けてみるとまったく問題なしでした。

 

 

 

まとめ

今回は、ルアーを素早く交換するための「スナップ付きサルカン」を確認しました。
日本の部品屋 柏木 ロウ付スナップ ローリングスイベル・ボールベアリング付 NO.00

「肝心要の部分を疎かにしていませんか?」の言葉は本当に大切です。
今回の「スナップ付きサルカン」は、1袋8個入りですが、これだけあれば1年は持つでしょう。
ルアーをなくしてしまったときは、「スナップ付きサルカン」も一緒になくなるかもしれませんが、ルアーとラインをつなぐ大切な部分なので妥協しない方がいいと思ったのです。
また、購入したサイズも最小のものです。最初は心配でしたが、実物と付き合わせての購入なのでバッチリでした。
良かったら参考にして見てください。おすすめです。
今回も、最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

www.totoro-niisan.com

-釣り

© 2020 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5