iPhone モバイル周辺機器

iPhoneで リング ストラップ を使ってみたらジャストフィットだった話

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、iFace Reflection シリコン リングストラップの話です。

 

はじめに

私は iPhone のケースはiFaceを使っています。

ちょっと重ための iFaceを通して使っているのかというと、作りがしっかりしていて落とした時の耐久性が優れているからです。これにどれだけ助けられたかわかりません。

また、iFaceを使っている理由として、今まで書いてきませんでしたが、 実はストラップをしっかりとつけることができるので、iFaceをずっと使っているのです。意外とスマホのケースで、ストラップをつけられないケースって多いですよね。また、スマホケースのストラップを付ける部分が弱くて心配になるようなケースも多いですよね。

そういった点を考えると、iFaceは全く問題がないのです。

iPhone を落下からしっかりガードしてくれて、その上ストラップもしっかりとつけることができるということで万全なケースなのです。

ということで、今回iFaceのケースにストラップをつけた話をしたいと思います。

 

セリアのスマホストラップ

私はこれまで、ずっとセリアのスマホストラップを使ってきました。

ガラケーの頃は、ガラケーを購入した時、ストラップがよく入っていましたよね。

それがスマートフォンになってからは、別で準備する必要があり、セリアのスマホストラップを になりました。

そんな私が、 今回 iPhone 12 Pro Maxを手に入れたこともあり、ここで一度新しいストラップを使ってみようと思ったのです。

iFaceのケースを iPhone 12につけていることもあって、どうせ付けるのであれば iFace専用のストラップをつけようと思ったのです。

そこで購入したのが、 「iFace Reflection シリコン リングストラップ」です。

 

 

開封の儀

今回購入したのは、色がブラックの「iFace Reflection シリコン リングストラップ」です。

色は、ブラックグレーネイビーレッドベージュカーキ の6種類あるのですが、ページが一番の人気でなかなか手に入りません。もしベージュがほしいという方は、注文が可能となったような状態を見つけたら迷わずポチった方が良いでしょう。年中通してなかなか手に入らない色です。

私の場合は、 ケースがイエローということもあって、ケースの外枠が黒色なのでその黒色に合わせてブラックにしました。

それでは早速見ていきましょう。

箱 の表

しっかりとした箱に入って届いたので、びっくりしてしまいました。ストラップとしては決して安い価格ではないので、箱もしっかりとした箱に入っていました。個人的には、ここまでしっかりとした箱でなくてもよいので、価格をもう少し下げてもらえたらなと思ってしまいます。

箱の裏

箱から出してみました

拡大してみます

しっかりした作りかなと感じられます。

長さを測ってみましょう

線の部分は約6cm、 リングの部分は3cmで、全体では9cmほどです。
セリアのストラップが長かったこともあり、短いなという印象を受けました。

iFace Reflection シリコン リングストラップ」が届くまでの間、 iPhone にはセリアのストラップをつけていたので、ちょっと並べてみました。

明らかに「リングストラップ」の方が短いですよね。セリアの半分ぐらいの長さです。

 

iFace Reflection シリコン リングストラップ を見てみる

もっとしっかりリングストラップを見てみましょう。

紐は、しっかりとした丈夫な紐という感じです。そう簡単に切れるようなことはないでしょう。

リングの部分がシリコンになっているので、どんな感じになるのか触ってみました。

めちゃくちゃ柔らかいというわけではなくてちょうど程よい感じの曲がり具合です。指を入れていても痛くなるというようなことはないようです。

リングとケーブルの付け根の部分を拡大して見てみました。

しっかりとした作りになっていますね。 ちょっとやそっとでは抜けたりしないような感じです。

 

iPhone に シリコン リングストラップ をつける

それでは早速、 iPhone に取り付けてみましょう。
iFaceの外側から内側に向けて紐を通していきます。

外側から通すことで、取り付けた後、リングストラップがちょうどiFaceの背面にきます。

取り付けました

いい感じでiFaceの背面にきました。

全体をみてみましょう

ばっちりですね。

ずらして見てみます

長さ的にも良い感じです。
指が痛く感じるようなことはありません。

 

いろんな指に入れてみた

どの指に入れて使うのがベストなのかなと思って、ちょっといろいろ試してみました。

人差し指

中指

薬指

小指

小指を撮影する時、写真が撮りにくかったので横にして撮影しました。

入れた感じとしてはどれもそんなに違和感はないかなというのが正直な気持ちです。この指に入れた方がいいというのは好みの問題かなと思ったのです。なので、それほど意識する必要もなく、スッと入った指に入れるのが一番自然な使い方のような気がします。

逆に言うとそれほど自然に入るのでフィット感はバッチリかなと思います。

 

まとめ

これまでずっと使ってきたセリアのスマホストラップをいよいよ卒業することになりました。

iPhone 12 Pro Max に変えたからです。こんなきっかけでもないと、なかなか変更することはないですよね。

使った感覚としては、最初は紐が短いので大丈夫だろうかと思いましたが、セリアのストラップが長すぎたのかな?という思いになってきます。

セリアのスマホストラップの場合、指を入れる部分が大きな輪になっていることもあって、数本まとめてストラップに通して使うのが普通でした。結果、遊びの部分が多くなって、かえって不安定になってしまうのかなと思うようになったのです。

逆に、 「iFace Reflection シリコン リングストラップ」の場合は、一本の指にしか通さないので、その一本で固定されているからこそ、しっかりと止まっているような感じがします。安定している感じなのです。

ただ一本だけで止めているということは、それだけ指に対する負担がかかりやすいということになるのですが、シリコンを使っていることで、指への負担が軽減されて負担は感じられません。

抜けやすくなるのかなとも思いましたが、確かに指によっては抜けやすくなるものもあると思うので、その辺りは使っていく中で、自分の中で自ずと入れる指が決まってくるのではないかなと思いました。要は自然に任せれば大丈夫だというようなレベルです。

ということで、今回 「iFace Reflection シリコン リングストラップ」に変更しましたが、指にはジャストフィットというような感じです。安定感もすごくあるので、もっと早くから使っていればよかったかなと思いました。

購入するにはちょっと勇気がいりますが、それでも勇気を出して購入しただけの価値はあるのかなと思いました。

迷っているなら、ぜひ試してもらえればと思います。

今回は、iFaceにつけるストラップということで、純正の「iFace Reflection シリコン リングストラップ」をつけましたが、iFace以外のケースを使われていたとしても、リングストラップとしていう秀逸なので、使い勝手は良いと思います。ぜひお試しください。

ということで今回は、 iFace Reflection シリコン リングストラップ を使ってみたらジャストフィットだった話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m
↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログへ

-iPhone, モバイル周辺機器

© 2020 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5