パソコン使い方

StreamFab オールインワンの動画保存用の外付けHDDの容量はどのくらい必要か

こんにちは、トトロ兄さんです。
今回は、StreamFab オールインワンの外付けHDDの容量を考えてみました。

 

はじめに

これまで、動画配信サイトの動画を保存する便利なツールとして、「StreamFab オールインワン」を紹介してきました。

StreamFab オールインワン」を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

StreamFab オールインワン

StreamFab Amazon ダウンローダー

動画を保存していると、パソコン本体のSSDやHDDの容量を圧迫してしまうので、外付けHDDを準備したくなります。

そこで、今回、StreamFab オールインワンの動画保存用の外付けHDDは、どのくらいの容量を準備するとよいのか考えてみました。

 

 

StreamFab オールインワンで保存する動画の容量は?

StreamFab オールインワン」で保存する1本の動画ですが、通常の2時間程度の映画であれば、約6GB程度(H264)です。

古い映画などは、FHDがなかったころで容量も大きくなり約10GB(H264)程度です。

逆に最新の映画などは、5GBを切る場合もあります。

なので、平均すると「映画1本2時間程度で約6GB」と思われます。

 

 

StreamFab オールインワンで準備するHDDの容量は?

では、実際にどのくらいのHDDの容量のものを準備すればよいのでしょうか?

「映画1本2時間程度=約6GB」と仮定してみましょう。

ざっと計算した概算です。

HDD 4TB = 4000GB 4000GB÷6GB = 666.6動画
HDD 6TB = 6000GB 6000GB÷6GB = 1000動画

どうでしょうか。

キリの良い6TBがおすすめかなと思います。

1000動画も保存しないよ~と思われる方も多いと思いますが、実際に使い始めてみると、意外と保存すると思います。

テレビドラマなどは、10話前後なので見逃し対策として「StreamFab オールインワン」で保存すると…

1時間3GB×10話=30GB

見終わるまでの一時的な保存かもしれませんが、すぐにBD1枚分は使用してしまいます。

なので、準備するのであれば、「6TB以上のハードディスク」をおすすめします。

「6TB = 約1000動画」

これを一つのキーワードに、もっと保存したいというのであれば、より大容量の外付けHDDを準備するとよいでしょう。

 

 

StreamFab オールインワンでおすすめの外付けHDDは?

おすすめの外付けHDDを見ていきたいと思います。

6TBのおすすめの外付けHDDは、こちらの4種類です。

バッファロー 外付けハードディスク 6TB HD-AD6U3

バッファロー 外付けハードディスク 6TB HD-TDA6U3-B

I-O DATA 外付けHDD 6TB HDCX-UTL6K

I-O DATA 外付けHDD 6TB EX-HD6CZ

やはり、おすすめは、バッファローとI-O DATAの外付けHDDです。

メーカーの保証もしっかりしていますので、安心して購入できます。

特にバッファローのHDDは、nasneの外付けHDDとしても推奨されているので魅力的ですね。

そのほかにも外付けHDDはたくさんのメーカーが出されているので、こちらもチェックしてみてください。

外付ハードディスクドライブ の 売れ筋ランキング

 

 

まとめ

今回は、「StreamFab オールインワン」を使って動画を保存する外付けHDDはどれくらいの容量が必要かということでみてきました。

StreamFab オールインワン

外付けHDDを選択する場合のキーワードは、

「6TB = 約1000動画」

です。

ここを念頭に、容量を考えてみました。

1000以上の動画を保存するというのであれば、もっと大容量がほしくなるでしょう。

逆に、本当に見逃しだけで一時的に保存するだけだから…というのであれば、4TBでも十分です。

それでも600動画は保存できます。

今回の計算を参考に、ぜひとも自分にあった「StreamFab オールインワン」用の外付けHDDをみつけてください。

ということで、「StreamFab オールインワンの動画保存用の外付けHDDの容量はどのくらい必要か」でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m

↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

 

-パソコン使い方