iPhone モバイル周辺機器

iFace First Class Standard iPhone 12 Pro Max ケース を 購入した話

こんにちは、トトロ兄さんです。
いよいよ iPhone 12 Pro Max ケース が届きました。

 

はじめに

新しい iPhone 12 Pro Max を手にする直前、ついに新しいケースが届きました。なんとか間に合ったという感じです。
新しい iPhone を手にする前に、いろいろ準備することがありますが、ケースやフィルムの準備も楽しみのひとつですね。
今回は、 iPhone 12 Pro Max のケースである「iFace First Class Standard 」を購入しました。定番中の定番商品ですね。私自身何度も落としてこれまでも助かってきたケースです。

iFace First Class Standard 」は、 本体の発売日の前ですが、既に販売されていました。
もっと早めに注文しておけばよかったという思いも少しはあったのですが、以前にも書いたように、 iPhone 12 Pro Max の本体自体を注文してからと決めていたので、到着はぎりぎりになってしまいました。
では、早速見ていきましょう。

 

箱をみる

箱の表

黄色だからでしょうか周りも黄色い色になっています。シンプルでかっこいい箱に入っているなというのが第一印象です。

裏側

iPhone 12 Pro Max というロゴがどこにも書いてないんですよね。
最初に開けた時、これって本当に iPhone 12 Pro Max のケースなのだろうかと疑問に思ってしまいました。
ぱっと見たら店員さんも含め購入する方も間違って購入してしまうのではないかと思ったのです。
箱の表面や裏側をくまなく見てみたのですが、 どこにも iPhone 12 Pro Max のケースである旨は書いてありません。
そこでよく見てみると、左下の方にちょっとだけヒントになるようなことが書いてありました。それがこちらです。

New iPhone 2020 6.7 inch と書いてあるではないですか。
これがヒントなのかと思いました。

つまり、この「iFace First Class Standard 」を生産し箱に詰めていた時は、まだ新しい iPhone の名前が iPhone 12 Pro Max で決まっていなかったのだなということがわかりました。

しかし今ではもう発表されているのだから、シールでもいいので iPhone 12 Pro Max と貼っておいてもらえたら良かったのになぁ~と思いました。

おそらく今後生産されるケースについては、 iPhone 12 Pro Max の名前かロゴが入っている箱に変わるでしょうね。

 

iPhone 12 Pro Max と 6s Plus を 比べる

箱に入ったまま iPhone 6 S Plus と並べてみました。

分かりにくいですがパッと見た感じでは、同じような大きさに感じます。

iPhone 6 S Plus を、 iPhone 12 Pro Max のケースの上に重ねてみました。

ほぼ同じような大きさですね。正直なところ、 iPhone の本体自体が大きくなったということで、iFace の ケースに入れるとさらに大きくなってすごく持ちにくくなるのではないかというのを懸念していました。
使っている iPhone 6 S Plus よりも iPhone 12 Pro Max の方が重くなるのはわかっています。その上さらにケースを付けると、横幅とか長さとか全てにおいて一回りほど大きくなって持ちにくくなるのかなと懸念していたのです。
しかし、それぞれのケースを重ねてみると、確かに少しだけ iPhone 12 Pro Max の方が大きいです。しかしそれは 数ミリ なので 気にならない範囲かなぁ~思いました。少しだけ、よかったなと安心しました。

 

箱からだす

いよいよ箱から出してみました

やはり色はいいですね。黄色ですが個人的には好きな色です。
今回購入する iPhone 12 Pro Max の色は、金ぴかピンのゴールドです。おそらく見た目はバッチリでしょう。期待したいと思います。

ケースの裏側を見ていきましょう。

安定した作りですね。しっかりしています。

ならべてみる

もう一度 iPhone 6 S Plus と一緒に並べてみました。斜めから写真を撮っている関係で、iPhone 12 Pro Max の方がかなり大きなケースだなと映るでしょう。しかし先ほども書きましたが、確かに iPhone 6 S Plus より大きいのは大きいのですが、持てないというような大きさではありません。最初は少し違和感があるけど、すぐに慣れるでしょう。

裏返してみました

比べてみると、やはり少しだけ大きく感じますね。実際にiPhone12 Pro Max を取り付けて電源をいれた状態で見た時にどんな感じになるのか、写真に撮ってみたいなと思ってきました。

重ねてみました

重ねてみると確かに iPhone 12 Pro Max ケースの方がちょっと長いですね。
ケースの箱の上から重ねた時はそれほど大きなと思わなかったのですが、横にくっつけて並べてみると、長いのは明らかですね。

反対にしてみました

確かに反対にしても同様ですね。

 

まとめ

今回は、iPhone 12 Pro Max のケースである「iFace First Class Standard 」を見てきました。

最初、箱に入ったままケースを見た時にはそれほど大きさは変わらないかなと思っていたのですが、実際に箱からケース本体を取り出してみて、 iPhone 6 S Plus と比べてみると、一回りほど大きな感じを受けました。

なので iPhone 12 Pro Max 本体を取り付けた状態で、電源を入れて比べてみると、画面の大きさなどが はっきりと分かるのではないかと思っています。

あとは実際に取り付けるだけですね。

どんな感じで受け取れるのかも、今からワクワクしてきます。

実際に使うときはどうしてもケースに入れて使うので、ケースに入れた雰囲気というのはやはり大切ですよね。

既に iPhone 12 Pro Max のレビューが、メディアの方に流れていますが、 iPhone 12 Pro Max で一番気をつけることは、カメラレンズの部分のあつかいです。

どのレビューを見ても、カメラレンズの部分が、 iPhone 12 Pro よりも突出していると書いてあります。カメラの性能が一番良いのが iPhone 12 Pro Max なので、カメラレンズ部分を痛めないためにも、 iPhone 12 Pro Max のケース選びは慎重にしたいものです。

ということで、今回は、iFace First Class Standard iPhone 12 Pro Max ケース を 購入した話でした。

今回の記事が、皆さんに少しでもお役にたてれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

やる気が出ますので、「応援クリック」をよろしくお願いします。m(_ _)m
↓↓応援クリックをお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログへ

-iPhone, モバイル周辺機器

© 2020 トトロ兄さんのトコトコ日記 Powered by AFFINGER5